プレスリリース 2016年4月12日

日本初上陸 スイス金融機関も実装する
サイバー攻撃対策ハイエンドWAF「Airlock」
5月開催の情報セキュリティEXPOに出展

2016年4月12日

企業向けのITセキュリティソリューションを提供する日本法人のITベンダー 株式会社アクロセック(所在地:神奈川県横浜市、代表取締役社長:ディパオロ・ロベルト)は、スイス製サイバー攻撃対策用WAFソリューション 「Airlock」(販売元:Ergon社)の日本展開に向け、2016年5月11日から3日間開催の「第13回 情報セキュリティEXPO[春]」に出展、デモ紹介いたします。

本出展は、「Airlock」の日本初上陸となります。

Airlock WAF logo 422x90

▼「Airlock」詳細
https://www.acrosec.jp/airlock-waf-core
https://www.acrosec.jp/airlock-login

<日本初上陸!スイス金融機関も実装する最強技術「Airlock」>
「Airlock」はインターネットバンキング等の重要なWebアプリケーションをサイバー攻撃から守る保護対策として、スイスの国際金融機関からも信用されているWebセキュリティソリューションです。

重要なWebアプリケーションの上流に設置される技術を特徴とし、WAF機能と認証・アクセス制御機能、そしてアイデンティティ技術を総合的に一括した独特なアプローチの、「スイス・スタイル・ウェブ・エントリー・セキュリティ」ソリューションです。

Ergon社と株式会社アクロセックが組み、「Airlock WAF」と「Airlock Login」というセキュリティ製品を日本で提供することとなりました。これに先駆け、「第13回 情報セキュリティEXPO[春]」にて「Airlock」を紹介します。

【日本導入の背景】
日本ではここ2、3年の間、サイバーセキュリティに関する意識が急ペースで高まっています。今後急速に拡大する日本のセキュリティ市場の助けとなるべく、2015年に株式会社アクロセック社が設立されました。

日本の金融機関系とフィンテック等のアプリケーションだけでなく、幅広い範囲で重要なWebアプリケーションのITセキュリティ強化が可能となる 「Airlock」の導入を促す為、株式会社アクロセックは日本でのディストリビュータ(販売店)のパートナー企業(ITサービス業界又はITセキュリ ティ業界に関連する企業)を募集しています。

【「Airlock」について】
「Airlock」は、スイス・チューリッヒ市に拠点を置くセキュリティメーカー Ergon社によって開発されました。

スイスでは様々な中小ITメーカーが「Airlock」のようなサイバーセキュリティ関連製品を提供しており、その先端を走っているErgon社に在籍する優秀なエンジニアの過半数が、世界的にも著名なチューリッヒにあるスイス連邦工科大学出身者です。

「Airlock」の歴史は長く、1997年にスイスで一番最初のインターネットバンキングのアプリケーション提供の際、このコンセプトが初めて採用され ました。2002年にはウェブ・エントリー・セキュリティのスタンダードパッケージとし販売開始、現在の「Airlock」はオンサイトとクラウドでも利 用可能です。

PDFダウンロード: Press Release – Web Entry Security